ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

尾崎ブラザーズ勢ぞろい!

いくら地元千葉で主催がブリヂストンだからといって、この元気ぶりはなんというか・・。すごいですね。長兄ジャンボ尾崎は32-34の66。まずは余裕の初日トップ。ついで末のジョー尾崎。35-32の67。そしてこのところ好調ジェット尾崎は32-36の68。

「足が痛い。まだ本気で打ってはいないが、18番ロングホールはいちばん飛んだね」とジャンボ。 もちろんバーディ。ジャンボの計算では1日4アンダー、4日で16アンダー。しかし今日は 「9番のイーグルがおまけ」で6アンダーになってしまった。体は上昇気運。自分に風が吹いていて 「良い男気が生まれている」んだって。今週は勝つかな?

<< 下に続く >>

尾崎直道は前半のインでノーボギー、4バーディ。 「うまくいって4アンダーでいいターンができたんだけどね。後半もこのままいけるかと思ったら、案の定ダメだった」と直道。それでも終盤の8番でバーディ。 「今週、来週がダメだと、このままシーズンが終わってしまう感じがするから。ゴルフは悪いときでも必死でやることが必要と思うよ」

尾崎健夫はアウトで4バーディ。インでは2ボギー、1イーグル。「たかが4アンダーだよ。今日は風もなくてロングホールが短いクラブで打てるから楽だった」

トップタイに並んでいるのは堀川昌利。8バーディ、2ボギー。「練習ラウンドでパターを開いて構えていることを河村プロに指摘されて気がついた。それ以来、自分の思うラインに打てるようになった。でも、今日はできすぎです」

丸山茂樹も最後の3ホール、イーグル、バーディ、バーディと上がってなんとか1アンダー。「ナイス・カムバックだね。まだまだこれから。明日、爆発すればいい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!