ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横田真一、25歳のツアー初勝利

横田真一がついに勝った。3日目の苦しいプレーとは別人のような自信に満ちあふれたラウンド。出だしの2番でこそボギーを叩いたが、3番からは3連続バーディ。以後も7番、9番、12番とバーディを重ねた。32-36、文句無しの68。
「どうやって自分を楽にするか考えました。小学校の頃、空き地でゴルフ大会をして遊んでいたときの気持ちに戻ってプレーしました」と横田。ゴルフは好ショットを望むゲームではなく、いかにミスを少なくするかのゲーム。日本プロでこの教訓を学んだのだと言う。

アマチュア時代には竜ヶ崎での日本オープン・ローアマに輝いたこともある。専修大を出て秋のプロテストに2位合格。翌95年のツアーで悠々のシード入り。しかし初優勝の望まれた96年、出入りの激しいゴルフが災いしてチャンスをものにできなかった。そして今年、優勝して当然と見られてきた「ヨコシン」が、ようやく勝った。
「嬉しい。とにかく今は喜びにひたりたい」という横田。飛び出そうとする体を押さえつけていたサイドブレーキがようやく外れた。もうエンジン全開。「調子が良くなっている。これからが楽しみです」

尾崎健夫も納得のできるゴルフをした。5バーディ、1ボギーと追い上げた。「これで十分。これ以上できない。自分なりに満足しているし、充実感もある。今後もこの調子で勝ちにいく!」

倉本昌弘が最終日、69をマークした。本当に久しぶりの60台。そろそろ復活してもいい頃だ。まだまだ引退するには早過ぎる年齢。かつての爆発力の倉本がよみがえってもおかしくはない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 全日空オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。