ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

賞金王レースを池田勇太が“揺さぶる”!?

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年11月6日号)より

2012年の日本男子プロツアーも、残すところあと5戦。いよいよ賞金王レースが激しくなってきた。トップを走るのは今季3勝を挙げている藤田寛之。1億1750万円余を獲得している。その藤田を約2750万円差で追うのが谷口徹。先週のブリヂストンオープンでトップを走る藤田を最終ホールで大逆転し、この差まで詰め寄っている。

さらに続くのが、池田勇太だ。池田も藤田とは約2990万円差。残り5戦は賞金額の高いビッグトーナメントが続くだけに、逆転賞金王を狙える位置にいる。しかも池田は、夏の終わりからがぜん調子を上げ、フジサンケイクラシックから3戦連続2位となり、その勢いのままキヤノンオープンで優勝。これも含めて今季、参戦20試合のうち半分の10試合でベスト10入りしている。

昨年こそ体調に不安を抱えて伸び悩んだものの、ダンロップフェニックスで優勝した2010年のように、ツアー終盤に爆発して賞金を積み上げる可能性は十分。秋のトーナメントの“主役”といっても過言ではない存在だ。

「週刊ゴルフダイジェスト」の11月6日号では、その池田のスウィングをたっぷりと解説している。下半身を“揺さぶる”ようにダイナミックに使って体重移動をする彼のスウィングは、現在のツアー選手の中では実に個性的に見える。しかし、解説を担当した廣戸聡一氏によると、「池田プロは、その場でクルッと回転するだけの動きより、積極的に体重移動を使ったほうが自然」なのだという。

廣戸氏は横田真一プロとともに「ゴルファーには血液型のように、生まれつき備わった体の動かし方のタイプがある」という理論を展開している(ゴルフダイジェスト社刊書籍「あ・うんのゴルフ」に詳しい)が、池田が属する分類タイプの選手は、まさに大きく体重移動を使った2軸スウィングが向いていて、それが自分にとって気持ちのいい動きになるため、最もパフォーマンスが発揮できる、と解説している。

果たして、池田がそのパフォーマンスを十分に発揮して一気に賞金王まで駆け上るのか、それともアラフォー世代の星たちが逃げ切るのか。残り試合、ますます目が離せなくなった。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。