ニュース

国内男子サンコーグランドサマーチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

真板潔、66をマークして単独首位

1997/08/08 18:00


混戦模様のこの試合、2日目に出てきたのは真板潔。1番2番、5番6番と連続バーディ。インでも16番17番をバーディとするなどトータル66。こういう場合は「ショットが良かったので」が決まり文句のはずだが真板の場合は逆。「ドライバーが曲がっていたし、ショットは良くなかった。セカンドが苦しかったんですが、乗ったところではけっこう入ってくれました」

なるほど。アウトのバーディはすべて1~2メートル。苦しいながらもセカンドがまずまずで、チャンスはきっちり入れたということ。
「できれば優勝はしたいけど、それより4日間終わってひとつでも上にいきたい。ちょっと楽になりたいという気持ちです」 真板は現在賞金ランキング46位、1200万円余りを稼いでいる。

単独2位は島田正士。7バーディ2ホギー。一昨年プロ入りの26歳。また金山和雄は初日74ながら2日目が63。一気に上がってきた。こちらはプロ20年のベテラン選手。ちなみに初日ホールインワンで大稼ぎの野口裕樹夫はあえなく予選落ち。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 サンコーグランドサマーチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!