ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌、スコアを伸ばして5差トップ!

冷え込んだ前夜の雨が雪に変わり、スタートは大幅に遅れた。一時は昼頃までラウンドできないと見られていたが、スタッフ総出の除雪の甲斐あり、またアウト・イン両方からのスタートへ変更措置がとられたため、11時30分になんとかティオフ開始。
さて2日目も宮本勝昌がスコアを伸ばした。佐藤信人もしっかり追走。ジャンボ尾崎は元気がなくイーブンとして後退。首位・宮本は5打差を付けて独走態勢気味だが、まだ予断を許さない。

宮本勝昌はこの日もバーディ先行のラウンド。「どこまで行くんだろう」と本人も不思議がるプレーだったが、13番でついにボギー。18番もボギーとした。「そんなに甘いもんじゃないですね。明日はスコア落とさないように、少しでも多く伸ばす。みんなが簡単に追いつかないことを祈ります」」
今日はジャンボとラウンドした。「今季、初勝利ですね、ジャンボさんに。嬉しかったです。それに一緒に回っていてヒントもつかめたし」

佐藤信人は3番でボギー。しかし6番から取り戻した。「今日はショットが手に負えないくらいひどくって。本当にラッキーが3つくらいあって、アンラッキーはゼロというラウンドです。すべて運」
左に行ったボールがキックしたり、木に当たって出てきたり、右に行ったのが助かったこともあった。「それが怖いからってイヤがると、今度はヒールに当たる。ほんとにひどかった」
それはともかく「あと2日で良くなることを祈ります。シーズンも終わるんで、気合で乗りきります」

関連リンク

1998年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~