ニュース

国内男子東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光、3年ぶり2勝目をあげる

1998/10/11 18:00


上位の選手が伸び悩む中、4アンダーをマークした伊沢利光が逆転逃げきりに成功した。伊沢の優勝は95年の日本オープン以来。3年ぶり。ようやく勝てた。

伊沢利光は出だしのバーディでまずリラックス。6バーディ、2ボギーと良く入れた。最大のピンチはティショットを曲げた15番ロングホール。「自分でもどうしようかと思った」という。「ティショットを打った時点で、今日はダメかと思った。でもなんとかパーをとろうと頑張った結果のボギーです」

ドライバーの調子が悪かった。「どこへ行くか、打ってみないとわからない感じ」だった。15番のミスに懲りて、本来ならドライバーを使うべき17番、18番も3Wで打った。18番はバーディ。
「優勝は3年ぶりですね。今まで諦めてしまっていました。ちょっと悪いとすぐダメだと思い込んでしまってました」
昨年はケガに泣いた。今年もシードを取るのが精一杯というゴルフが続いた。「でもケガのせいにはしたくなかった。ダメなときに良い結果を出すことが実力のはずです」 ケガで休んでいるとき、テレビでゴルフ中継を見ていると本当につまらなかったという。

中年の星(?)湯原信光はインに入って3連続をふくむ4バーディ。68と追い上げた。「前半にスコアを伸ばしておかないと、上にプレッシャーをかけられない。だから今日はダメと思っていたけど、最後の最後でやっと体にムチが入った。ただ、仕掛けるのが遅過ぎました。今日勝つには64か65を出さないといけなかった・・」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。