ニュース

国内男子サントリーオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今度は小山内護が首位。加瀬秀樹は2打差!

前日首位の加瀬秀樹は69として貯金を増やしたものの順位は一歩後退。代わってこれもジャンボ軍団の一員、小山内護が66をマークして飛びだしてきた。このところちょっと涼しすぎるが夏男・細川和彦もやはり66の猛チャージで浮上。肝心のジャンボ尾崎は4位タイと沈滞している。

「どうせ順位を落とすと思っていた。朝からいい意味で緊張していた」という小山内護。初めて最終組でプレーをした。キャディを妹さんがつとめてくれた。精神的にずいぶん楽にやれたという。「ギャラリーが多くてすごいなーという感じ。楽しかった」
ずっとドライバーが絶不調だった。練習ラウンドでも林にばかり打ち込んでいた。それが練習場でふと昔のいい頃のアドレスを思い出した。
「優勝なんて、まだ早いと思う。優勝なんかしなくていいから、4日間、ジャンボさんより上にいければいい」

加瀬秀樹は出だしでボギー。じっと我慢して13番から3バーディ。「マイペースで自分なりのゴルフをやれたから後半伸ばせたのだと思う。あと1日、いける!」

マッチプレー優勝で気分をよくしている桑原克典も66でラウンドした。「マッチプレーで芯まで疲れていた。昨日、下半身を重点的に3時間半マッサージしたらよくなった」
スウィングの後、左サイドがしっかり踏めるようになったという。「前はスコアボードに名前が乗ると、それをキープしようと思った。でも今は余裕ができたのか、もっと上を目指そうと考えられるようになった」とか。もちろん明日は貪欲に優勝を狙う。

関連リンク

1998年 サントリーオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~