ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ尾崎、大会3連覇を飾る!

これがジャンボ尾崎の優勝方程式!というパターンだった。決して完璧というゴルフではないが、しかし崩れることなくホールをこなしているうちに、追いかけるべき若手が一人芝居を演じて次々と消えていく。終わって見れば最終18番で気楽なボギーを叩いても、それでも4打差。悠々の勝利。これで今季は2勝目。51歳にしてこの大会は3連覇。賞金ランキングでも首位のB.ジョーブに肉薄。強い!としか表現のしようがない。

ジャンボ尾崎は「いちばんイヤなホール」1番をボギー。「こういうイヤな風、いやなスタートホールってのは、けっこう引きずるもんだよ。こういうときは早めにバーディとってボギーを忘れればいいんだ」
そのバーディが来たのは6番。決して早めというタイミングではなかったが「優勝争いしているチームってのはスコアが伸びないんだよ」という読みが当たり、肝心の桑原が苦戦。「相手が伸びてくると、よーしという感じになるんだけど、相手が追ってこない。だからこちらも逃げたいというマイナス思考になってしまった」というわけで結局3バーディ、3ボギー。平凡なパープレー。
ま、いろいろな講釈はあるが、なんと言っても得意なコースをきっちり勝っての2勝目。「これで後半戦、やっていける感じが出てきたね」

「下手だなー」とため息をついたのは高見和宏。前半は5バーディとしながら16番17番で連続ボギーとした。「単独2位だったら900万円なんて話してたんだけど・・」ガクっと3位に後退した。

桑原克典は惜しい2位。「結果は散々だったけど、でもようやくジャンボさんと初めて勝負ができたという感じです。いままでは勝負しようという気持ちもなかった」
これからも勝負していくという。「ジャンボさんに勝つのは夢ですから」

関連リンク

1998年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~