ニュース

国内男子PGAフィランスロピートーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今度は山本行弘。丸山茂樹は単独2位へ!

1998/07/03 18:00


2日目も好スコアが続出した。前日丸山茂樹が「このコースでトップに立つには8アンダーくらいかな」と言っていたが、確かに6アンダーくらいのスコアはごろごろ出ている。その65を2日続けて出した山本行弘が2日目の首位。

山本行弘は4連続バーディをふくむ7バーディの65。「グリーンを外したのは16番(唯一のボギー)だけです。あとはみんな5~6メートルに乗ってくれた」という。実は山本も水曜の練習日、カットラインは2アンダーくらいだろうと予想していた。「それじゃ予選通過は難しいな、と思っていたんですが・・」 ふとショットもパットも低く立ち過ぎていることに気がつき、高く構えるように直した。これで大変身。プロとはいえそういうことも、あるらしい。

丸山茂樹が2日目も好調だ。7バーディ、2ボギー。「この調子を持続して全英オープン!」という宣言がいまのところ生きている。
「ボギーが2つあるけど、ひとつは完全なアンラッキー。完璧なところにティショッがいって、そこでキックが不運だったんだから、気にしていません。16番は178ヤードを8アイアンで打ったんだけど、そこだけグリーンが固かった。178ヤードむこうからそれは判断できませんから、ここも仕方ない」
本当に前向きというか、明るく明るく考える。こういう思考のできるところが、強さなんでしょうね。「できれば20アンダーまで引っ張っていきたいと思ってるんですけどね。今のゴルフだったら、やれないことはないと思いますよ」
公式競技は全部とりたいのだという。「トロフィーに全部、名前を刻み込みたい。だからこのあとの今年の目標はジャパンオープンです」

関連リンク

1998年 PGAフィランスロピートーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~