ニュース

国内男子宇部興産オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福永和宏、細川和彦が6アンダー並走!

コースは宇部CC万年池東コース。今週はスケジュール的にスキップする選手も多く、考えようによっては中堅どころにとっての絶好のチャンスとも言える。初日はまず福永和宏、細川和彦がどちらも34-32の66としてトーナメントをリード。

夏男・細川和彦はイーグル入りの6バーディ、2ボギー。「やっと自分のゴルフができた。11番のイーグルでノってきた。暑くなってきて、やっと自分の季節がきたのかな」
なぜか丸山茂樹宮本勝昌と回るとスコアがいいのだという。「ほどよい緊張感があって、雰囲気がいい。8月だけでなく、ほかの季節にも勝ちたいですね」

福永和宏は7バーディ、1ボギー。「出だしでポンポン入ってくれたんで、気楽にプレーできた。オフにメンタルのアドバイスを受けたので、今年はちょっと違うゴルフができるかな」
今季はなんとかシードに返り咲きたい。「ただあまり気にし過ぎると焦りがでるから。去年と比較すると、今年は楽しんでゴルフができていると思う」

関連リンク

1998年 宇部興産オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~