ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

首位は葉彰廷。奥田、小達が2位へ

風もなく暑いくらいだった2日目。首位に上がったのは台湾の葉彰廷。ジワリと伸ばしての単独トップだ。
葉彰廷はアウトを37。しかしインで1ボギー、3バーディの34。ひとつスコアを伸ばした。「乗ることは乗るが、グリーンに自信が持てない。得意のフェードが最近は打てなくなった」とあまり明るい表情ではない。

前日首位の小達敏昭はやはり続かなかった。初日とはうってかわったゴルフでスコアを2つ落として74。しかし首位には1打差。可能性はまだ十分すぎるほどある。
巧者・奥田靖己が下から上がってきた。この人も大きな試合には強いタイプ。絶好の位置というべきだろう。ジャンボ尾崎はイーブンとして、これもまたまずまずの位置。

ジャンボは15番ミドルでダボ。また18番ロングでもボギー。「肝心なパットがいまいち入らない。もうちょっと良くならないとね。(15番の)6と(18番の)6は余計だった」
中島常幸も踏みとどまっている。おまけに倉本昌弘まで上がってきて不思議な雰囲気になってきた。大昔のONKの顔見せ。勝負は明日にかかっている。

関連リンク

1998年 日本プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~