ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

なんと藤木三郎が14アンダー首位に!!

面白くなってきた。若手の宮本勝昌、手島多一はスコアを伸ばしながらも順位は少し後退。外国勢がスコアを伸ばして首位へ踊り出、さらになつかしい名前の藤木三郎が加わった。新旧+外国選手の三つ巴。

藤木三郎は昨日に続いて今日もノーボギー。絶好調。「風邪気味で・・・。昨日、布団を蹴飛ばして寝てしまいました。心配していたんですが、でもいいプレーができました」
トップに立ったのは93年の東海クラシック以来。「また優勝争いができるってのは嬉しいですね。昨日は32-32、今日は33-33だから、明日は34-34の68かな。トータル20アンダー、行ったら最高ですね」

丸山茂樹が今日も68として、さすが疲れてはいてもマスターズ出場者の実力を見せてくれたが、尾崎直道はノーボギーの66。これも一気に順位を上げた。首位に2打差の6位タイ。去年後半の「強いジョー」の再現か。

「昨日、今日とノーボギー。ボギーは初日の3パットだけです。雨でグリーンが止まるから、みんなそんなに打たないでしょ。ひたすら乗ったやつをいかに入れるかというゲームですよ。明日は今日以上に、絶対バーディをとろうという集中力でいきます」

本音としては、もう少しグリーンが堅くて速いほうが有利という。それでも、同じくらいのスコアは出せる自信がある。米ツアー連戦の蓄積だ。今日も好スコアは出たが「こんなゴルフじゃアメリカで通用しない」をことを十分知っているのが、ジレンマだ。 「でも緒戦、優勝争いに加われてホッとしています」

関連リンク

1998年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~