ニュース

国内男子東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要、逆転のツアー2勝

片山晋呉がスコアを落とした。予想通りビジェイ・シンが浮上して来た。しかし「ガンガン攻める」と宣言していた横尾 要が有言実行の5バーディ、2ボギー。最後は危なかったが切り抜けてのパーセーブ。ツアー2勝目を上げた。

横尾要は前半パープレー。インに入って12番13番、15番と立て続けにバーディを沈めた。「後半は自分のゴルフをして30くらいで回ろうと思っていた。なんかフッ切れた気分でした。15番でイケるかなという感じ。17番を終わって単独トップに立ったのを知りました」

しかし18番。「もっと左を狙うべきだった」というセカンドショットは危うく池に入りそうなミスショット。頭では左を狙うつもりなのに体はピンを向いてしまっていた。 「よかった。本当にツイているとしか考えられない。3打目もスタンスは取れたがボールに泥がついていて難しかった。でも最高のアプローチができました」

これでツアー2勝。だが本人は今季2~3勝はするつもりだったという。「だから早く2勝目が欲しかった。これでやっと責任が果たせたような気分です。1回目の優勝とは、まったく違いますね」

ビジェイ・シンは6バーディ、2ボギーと一気に追い込んだが1打及ばず。「悔やむべきパットやショットがあった。残念だ。ゴルフとはそういうものと知ってはいるが、しかし勝てたはずの試合を取りこぼしてしまった・・」

日大同期のライバル横尾に破れた片山晋呉は「何十年もやっていれば、こういう負け方もある。取るべきところを取れなかったら、こうなってしまいます・・」

関連リンク

1999年 東海クラシック




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~