ニュース

国内男子アジアンツアー キリンオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

崔京周が独走首位

キリンオープン2日目、9アンダー崔京周(チェ キョンジュ)が引続きトップを走る。2位は加瀬秀樹今野康晴、米山 剛など5人がひしめき合っている。

トップを守っている崔京周は第2ラウンドで3打伸ばし、トータル9アンダーとした。「歩くのもパットもテンポ。ワン・ツーのテンポが大事なんだよ」 2位に4打差をつけ独走の雰囲気を作った。

<< 下に続く >>

インドのJ.M.シンと中国の張連偉は共に前日1アンダー16位からのスタート、一気に2位まで急浮上した。

「前半は耐えたという感じ」の今野はパープレー。昨日ほど調子はよくないが貯金がきいて順位は落とさずにすんだ。「雨が降りだしてから、いい距離のパットも入る気がしなくなった」最終日は最終組で回りたいから「明日はガンバリます」と気合を入れた。

34・35で順位を上げてきた加瀬は16番ホールで8メートルのチップインを決めた。このコースはプレーしやすいと言う。「比較的距離も短いですし、それは楽ですよ」昨年の後半から結構調子がいい。「優勝は意識していない。天気が悪くても楽しくプレーできればいいな」

米山は今日だけで5アンダーを稼いだ。「明日からは力まないで自分のゴルフをします」
細川は3オーバーで17位に順位を下げた。7位にはジョーとジャンボの尾崎兄弟が並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1999年 アジアンツアー キリンオープンゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!