ニュース

国内男子デサントクラシックマンシングウェアカップの最新ゴルフニュースをお届け

3人プレーオフを河村雅之制す

風もなくまずまずのコンディション。スコアがよく伸びた。安全圏と見られた井田安則が最後で崩れた。今野康晴も後半後退。かわって河村雅之米山剛細川和彦。前日の3位5位の3人が11アンダーでならびプレーオフにもつれこんだ。

ツアー界7不思議と言われながらまだ未勝利の米山。ツアー4勝ながら昨年は勝てなかった細川。ツアー2勝とちょっと物足りない河村。喉から手の出るほど優勝の欲しい3人が激突したが、まず1ホール目で米山がボギーで脱落。そして2ホール目、パー・バーディで明暗が分かれ、河村雅之の勝利が決まった。

試合では禁句だが「ればとたら」の多い展開だった。井田安則は17番までは悠々の初優勝のはずだったが、最後の最後で池に自滅し、信じられない8を叩いてしまった。米山 剛も長いバーディパットがカップの縁ぎりぎりに止まった。ちょっと強い風が吹くか、木の葉でも当たれば念願の優勝が転がりこんだはずだった。

細川和彦はよろよろながら最後のパットでプレーオフの資格を獲得した。河村雅之はホールアウトした時点では、まさかこんな展開になるとは夢にも思ってはいなかった。まるでドラマのように、奇妙なめぐりあわせが、すべて18番に集約されていったようだ。

「なんか実感がないです」と河村も言う。「ホールアウトしたときは井田さんと2打差あったんで・・。複雑な心境です。こんなラッキーなことがあっていいのかな。パチンコの5連チャンしたみたいな気持ちです」

前半、同じ組の米山が驚異的な29をマークした。「それを見ていて、自分もなんとか13アンダーくらいまで伸ばしたいなと思ったんですが、だめでした」という河村。しかし結果は予想外。

「ふだん4日間あると、3日目までは頑張れるんです。最終日にいつも崩れてしまう。今日は3日目なんだ!と自分に言い聞かせてプレーしました」 確かに今日は最終日でもあり、3日目でもあり、言い聞かせた言葉に嘘はなかったことになる。これでツアー3勝目。抜けたような、明るい優勝シーンだった。

関連リンク

1999年 デサントクラシックマンシングウェアカップ




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~