ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

コーライ制してジャンボ首位発進

ジャンボ尾崎が2イーグルを決めて久々の首位発進。66に並んだのは原田三夫。5アンダー3位にはアマチュアの宮里優作東聡林根基と共につけた。昨年丸山茂樹に振り切られ悔しい2位とした伊沢利光、そして宮瀬博文佐々木久行の3人は6位グループ。招待選手J.グリーンは3アンダー10位からのスタートとした。

今季優勝はしているものの、ここ最近は上位争いから一歩引いたところにいることが多いジャンボ。今日は、3バーディ、1ボギー。2・18番ロングではイーグルを決めた。ところが「スコア的にはいいんだが、内容はまだまだ納得いかないところがあるんだ。イーグルに助けられたからこうなったんだけど、うーん」 と、本人はアイアンの切れが問題だという。

<< 下に続く >>

「先週(日本オープン)に比べて、ラフも少ないしゴルフそのものは難しく感じないんだけどね」 アイアンショットがよかったと思えたのは8番のショートホールで使った7番だけだった。「あとはまだまだだ。このスコアを続けられないと・・・」

パターはコーライ用にロフトのあるものを使用した。「あれは、結構よかったかな。できるだけ転がりのいいパターが必要だから。まあ、意外と安定性が出て自分のスタイルになってきている」 ショットの問題が片付けば、本当の復活も近いかもしれない。

「こんなにいいスコアが出ると恐いですね」と原田三夫。トータル8バーディ、1ダブルボギーの66。

いままで悪いスウィングのことばかりが気になって、さらに悪い方向に考えて深みにはまってしまっていたという。「今日はとにかくボールを打つこと」に集中してみた。それがよかったのだろうか。この調子で残り3日をこなして行きたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!