ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金王へ!松山英樹が首位浮上 小田孔明と並ぶ

◇国内男子◇カシオワールドオープンゴルフトーナメント2日目◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)◇7316ヤード(パー72)

史上初のルーキーイヤーでの賞金王を目指す松山英樹が「66」をマークして通算6アンダーの首位タイに浮上した。今週、シーズン4勝目を飾ると初戴冠が決まる松山は、イーブンパーの15位タイからスタートすると、前半8番(パー3)まではすべてパーが並んだが、その後6バーディを奪取。同じくこの日6ストローク伸ばした賞金ランク4位、同大会過去2勝の小田孔明とともにトップで並んだ。

2打差の3位タイに池田勇太と、今季初勝利を狙う武藤俊憲。賞金ランク2位のキム・ヒョンソン(韓国)は通算3アンダーの5位につけた。

大会ホストプロの石川遼は1バーディ、2ボギー「73」と静かなゴルフで片山晋呉小林正則らと並び通算1オーバーの17位タイで決勝ラウンドに進んだ。アマチュアの大堀裕次郎は一時トップに立っていたが、13番パー4で「10」を叩くなど後退し、通算5オーバーの66位タイで予選通過はならなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。