ニュース

国内男子宇部興産オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

メジャー覇者が首位と2位、最終日もバーディラッシュとなるか!?

国内男子ツアー「宇部興産オープンゴルフトーナメント」は、決勝ラウンドに入ってもスコアの伸ばしあいとなった。天候が崩れ、雨模様となったが、グリーンが軟らかくなった分、選手たちはピンを積極的に狙った。

首位争いは途中混戦となり、13アンダー2位からスタートした飯合肇が17アンダーで一歩抜け出した。しかし、後半、13、17番のパー3でボギーを叩き15アンダーに後退した。

飯合のボギーと入れ替わり首位に立ったのは、今年の日本オープンに優勝した手嶋多一だった。前日11バーディのツアー記録に並ぶ猛ラッシュを見せ、この日も終盤に3連続バーディを奪った。17番では10メートル以上の長いバーディパットを決め、17アンダーの単独首位でホールアウトした。

1打差の16アンダーには、12アンダー3位からスタートしたD.ウィルソン。この日のウィルソンはスタートの1番でバーディスタートをしたが、その後はチャンスにパットが決まらず我慢のゴルフとなった。しかし、後半に3ストローク伸ばしてきた。

「今日はいいプレーができた。雨でグリーンもソフトだったしね。明日は風次第だけど、もっともっとバーディをとって、スマートなプレーをしたい。先にチャンスを作って伸ばしていきたい。もちろん我慢も必要だろうけど・・・パー5は絶対にとっていきたいね」日本オープンの手嶋に対して、こちらウィルソンは、日本プロ、マッチプレーの2冠を持っている。

2年ぶりの優勝を狙う飯合と今シーズンの国内メジャーで優勝した手嶋、ウィルソン。最終日もバーディ合戦が繰り広げられそうな気配だ。

また、飯合と並び3位には、前日7連続バーディで首位に立ったT.ハミルトンが踏ん張っている。2番でボギーを叩いたハミルトンは、その後2バーディで1ストローク伸ばした。前日とは別人のようにショットの安定性がなく、崩れそうになったが、見事なリカバリーショットでパーセーブを繰り返した。14アンダーの5位には、中嶋常幸真板潔がこの日のベストスコア65をマークし、25位から急浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 宇部興産オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!