ニュース

国内男子〜全英への道〜ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

6つ伸ばした久保谷健一が10アンダーで単独トップ。

ミズノオープン2日目。初日首位タイの田中秀道がスコアを3つ伸ばして9アンダーとしたが、それを上回る10アンダーまで伸ばした久保谷健一が単独首位に立った。

最近3試合連続で予選落ちをしている久保谷は6番パー5でのイーグルを含む4バーディで異一気に6ストローク伸ばしてきた。

<< 下に続く >>

「ボギーのピンチもあったけれど、3~4メートル、1メートルのパーパットが入ってくれた。トータルしてみるとこのパットが今回のできの良さ。ボギーは昨日の1つだけ。調子が悪いのは体調ではなく考えすぎているのかな? 振っててぎこちないし、いいショットが続かない」

初日66を叩き出した田中だが、この日はドライバー、スプーンのシャフトを換えて望んだ。ドライバーに関してはテーラーメイドの320から360へ、ヘッド体積を一回り大きくした。前半はバーディが先行したが、連続ボギーを叩くなど、出入りの激しいゴルフとなった。しかし、後半は4バーディで9アンダーまで伸ばし単独2位につけている。

「勝って全英に行きたい、という気持ちが強くなるとあせりや気負いがでるが、その気持ちを抑えてプレーし続けた。終盤4つのバーディは明日につながるいいフィーリング、いいイメージをもつことができた」

首位タイからスタートした菅谷拓は8アンダーの3位でZ.モウ、J.Mシン、堺谷和将らと並んでいる。そして、7アンダーの7位グループには、この日スコアを5つ伸ばしたジャンボ尾崎がつけている。まだまだ混戦、全英出場に向け、し烈な戦いは決勝ラウンドに入りさらに熱くなるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 〜全英への道〜ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!