ニュース

国内男子タマノイ酢よみうりオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌が11アンダーで単独首位に立った。

国内男子ツアー「タマノイ酢よみうりオープンゴルフトーナメント」の2日目。7アンダーの2位タイからスタートした宮本勝昌がスコアを伸ばした。1、2番ホールでバーディを奪うと、5番からは3連続バーディを奪いこの時点で12アンダー。その後、パー3で1つ、バーディが欲しい16番パー5でもボギーを叩いた。しかし、最終18番パー5をバーディで締めくくり、11アンダーで単独トップに立った。

「だいぶ重馬場なので有利です。グリーンが固くて早いのは苦手。最近そんなのが続いていましたから。ウェッティな状況の方が得意です」
昨年の住友VISA太平洋以来、約半年ぶりの優勝争いに「そんなに簡単には行かないでしょうけど、そこそこ楽しみながらプレーしたい」

首位の宮本を1打差で追うのは、初日単独トップの福澤義光と4アンダーの6位タイからスタートした鈴木亨の2人。6バーディ、ノーボギーとスコアを伸ばした鈴木は「パターのフィーリングが昨日からかなりいいので・・・良い感じです。今年インタビュールームに来るのは初めて」
「全英はほとんどあきらめています。ミズノで勝たなくては行けないでしょう。ただ、全英というよりミズノオープンは勝ちたいです。自分の中ではメジャーですから。そして、その次はイーヤマカップですし」鈴木は契約プロとしてもミズノでは好成績を上げたい。

また、8アンダーの5位タイに尾崎将司が浮上。中嶋常幸は鈴木と同じ66のベストスコアで19位まで上がってきた。ベテラン勢の追い上げも楽しみになってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 タマノイ酢よみうりオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。