ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

守らず攻めた、小達敏昭が8年ぶりの優勝を飾った。

最終日も風は収まらず、最終日を7年ぶりに最終組で迎える小達敏昭にプレッシャーを与えた。しかし、「今日はもう1人上に、12アンダーくらいに人がいると思ってプレーしました。きざんで行ってもそこそこはできると思いますけど、それでは明日につながらないので・・・」優勝を意識して小さなゴルフはしたくなかったという小達は、随所で攻めのゴルフを見せた。その結果11アンダーまでスコアを伸ばした。終盤にボギーを2つ叩いたが、8年ぶりの優勝を飾った。

「あまりにも遠い過去の優勝ですので、昔のことは忘れてしまいました。初優勝みたいなものですね。もうちょっと良い勝ち方をしたかったですね。でも、あれだけしのげたですし、まぁ今日は合格かな」家族が見つめる中での優勝に、ホッとした表情で会見に応えた。

2位には7アンダーの手嶋多一。今シーズン予選落ちなしという実力どおり安定したゴルフではあったが、小達にプレッシャーをかけることはできなかった。特に終盤、パットが決まらずボギーを叩いてしまい、逆に小達を楽にしてしまった感がある。

また、3位には林根基、4位にはP.マークセンといった外国勢が入っている。そして5位タイにはジャンボ尾崎と藤田寛之。ジャンボは初日2オーバー57位と出遅れたが、最終日にスコアを3つ伸ばしてきた。藤田も好調さをキープ7月に行われる全英オープン出場へのポイント争いも激しくなりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 JCBクラシック仙台




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!