ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

D.チャンドか逃げ切って3年ぶりの優勝を飾った。

国内男子ツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」の最終日。単独首位でスタートしたD.チャンドはスタートの1番でバーディを奪いその差を広げた。チャンドを2打差で追う伊沢利光は9番でこの日初めてのバーディを奪い、再び2打差で後半に入った。

12番パー5を互いにバーディで分けると14、15番も両者バーディ。息詰まるバーディ合戦が展開された。そして終盤、追ってくる伊沢のプレッシャーに耐えながらチャンドがパーセーブを繰り返し、17アンダーでツアー3年ぶりの勝利をあげた。

昨年骨折などもあり試合に出場できずシード権を失ったチャンドは「これで少しお金持ちになれました。やっと優勝できました。今シーズンはフジサンケイでマンデーから、日本プロも予選から。この大会は3年前の優勝による資格で出場、これが3試合目。もし、勝てなかったら、このまま茨城に行って来週のマンデー出場。その夜には岡山へ戻ってミズノオープンの予選会に出ようと思っていた。シードを落とすとこんなにも辛い思いをするのかと思った。これで、どこへも行かなくて済みます」苦労して掴んだ優勝だけに嬉しさもひときわ大きいことだろう。

一方、最後まで好プレーでギャラリーを沸かせた伊沢は15アンダーの単独2位でフィニッシュ。「前半でバーディ取れなかったね。チャンスを活かせなかった。でもボギーはないし、数字的には満足している。パットが良かった、次につながるよ。来週の試合でグリーンの読みにもう少し気をつければ、他は問題ないよ。来週にはいい結果を出せそう」負けて悔い無し、といった表情で気持ちはすでに来週に向かっていた。

11アンダー単独2位からスタートした手嶋多一は、チャンド、伊沢のバーディ合戦についていくことができず、スコアを1つ落とし10アンダーの単独3位に。谷口徹は我慢のゴルフで終盤に1つバーディを奪い3日目と変わらず9アンダー4位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。