ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

D.ウィルソンが逃げ切り優勝。5年間のシード権を獲得した。

2001/05/13 18:00


日本プロゴルフ選手権最終日。初日からトップに立ったD.ウィルソンが2位に8打差をつけて迎えた。グリーンが硬く、難しいコースなのでバーディラッシュをかけることができず、追う立場の選手もパーをキープすることしかなかった。

ウィルソンは3番のパー4でバーディを奪いスコアを伸ばした。しかし、メジャータイトルのプレッシャーなのか、その後はバーディはなし。「フェアウエイキープ。グリーン中央を狙ったショット」を心がけたウィルソンはボギーを4つ叩き、3アンダーまでスコアを落としたが危なげなく優勝した。

2位には、4日間のベストスコアとなる67でまわった加瀬秀樹が、1オーバーまでスコアを戻した。3位には台湾の謝金昇。2年連続で最終日、最終組となった東聡はスコアを1つ落とし単独4位でフィニッシュとなった。

優勝したウィルソンは、2週前に行われた中日クラウンズでリードを奪いながら、逆転でD.クラークに敗れた悔しさが忘れられないようで、「この試合は勝ちたいと思っていました」といい、母方の親戚が応援する中、見事に優勝することができた。

これで5年間のシード権が与えられるが、USオープンの予選に挑戦するという。その後は日本に戻り、全英の出場も視野に入れていることを語った。初出場での優勝は、ウィルソンと同じハワイ出身で憧れの存在というD.イシイを含め3人目、外国人選手としては6人目の日本プロのタイトル獲得となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。