ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

いよいよ残り10試合。ラストスパートの季節がやってきた!

国内男子ツアー「全日空オープンゴルフトーナメント」が、9月19日(木)から22日(日)までの4日間、北海道北広島市にある札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで開催される。

札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースは、名匠、井上誠一氏が北海道で初めて設計を手がけた林間コースだ。自然のゆるやかな起伏と、コースを取り囲む樹木が大きな戦略要素となっている。各ホールごとに攻略ルートがはっきりしている分、そのポイントを外すと痛い目にあう。ショットメーカー向けのコースと言える。

全日空オープンは今年で30回目の記念大会。第1回目には尾崎将司が勝利。その後も本大会で6勝を挙げるなど、まさに大会の顔というべき活躍を見せている。今季は持病の坐骨神経痛で本来の調子を発揮できていないが、相性の良いこの試合で約2年ぶりの優勝を果たすことができるだろうか。

そしてベテラン勢の中で特に注目なのは、本大会4度の優勝を誇る中嶋常幸の存在だ。今季はダイヤモンドカップで7年ぶりの優勝を挙げ復活を果たした。また、先週のサントリーオープンでも2日目に66をマークするなど爆発力を見せつけ、調子は上向きだ。昨年もトップと2打差の2位タイフィニッシュを飾っており、今年も活躍が期待される。

国内男子ツアーも、この試合を含めて残り10試合となった。ここから秋の陣に向けて選手たちのスパートが始まる。

関連リンク

2002年 全日空オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~