ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

近藤智弘が金星! 昨年優勝のD.ウィルソンに勝利

国内男子ツアー「2002日本プロゴルフマッチプレー選手権」の2日目は、2回戦8試合が行われた。第1組で登場したのが伊沢利光と宮瀬博文。1回戦を接戦で勝ち抜いた2人の対決は意外な幕開けとなった。スタートから3ホール連続で宮瀬が取った。「伊沢さんを破って8強、嬉しいですね。最初3アップしたときは、どんな巻き返しを食うのかと、かえって不安になりましたけど(笑)」伊沢が奪ったのは6番ホールの1つだけ。終始宮瀬ペースだった。

第2試合は、第一試合と同じようにディネッシ・チャンドが、細川和彦から3ポイント先取した。しかし、6番で1つ取り返した細川は、10番ホールまで5ホール連続で奪い2アップリードした。13番で1つ取り返したチャンドだが、最終ホールも引き分け、細川の1アップ勝ちとなった。

尾崎直道手嶋多一の日本オープン覇者を破ったT.ハミルトンD.スメイルの外国人対決は、引き分けが多く展開としては静かな試合となった。しかし、1打1打の駆け引き、苦しいところでのパーセーブなど心理戦を制したのはニュージーランドのスメイルだった。奪ったホールは3つ、ハミルトンに2ホール返されたが逃げ切った。

5組目に登場したディフェンディングチャンピオンのディーン・ウィルソンは、近藤智弘と対決。1、4、7番ホールでポイントを積み重ねたウィルソンの楽勝ムードが流れた。しかし、9番で1つ取り返した近藤は、11番で再び3ダウンとなるが諦めてはいなかった。12番から3連続でポイントを奪いあっという間にオールスクエアに持ち込んだ。そして、16番でこの日始めてリードを奪い3回戦へコマを進めた。

「昨年のチャンピオンに勝って、すごく嬉しい。前半は、ずっとディーンのペースにはまっていたけど、巻き返せたのはラッキーでした」勢いに乗って、どこまで勝ちあがれるか注目だ。

その他では、佐藤信人室田淳平石武則片山晋呉がそれぞれベスト8に進出している。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2アンド1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!