ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ尾崎が99年以来の出場、尾崎一家4名勢ぞろい

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」が、5月9日(木)から12日(日)まで、静岡県の川奈ホテルゴルフコースで開催される。

今年30回の記念大会を迎えた。そして、過去6勝を上げているジャンボ尾崎が1999年以来の出場を決めた。99年は4位に入る活躍を見せたが、優勝は93年以来9年も遠ざかっている。昨シーズン未勝利に終わったジャンボが、得意の川奈で7度目の栄冠を手にすることができるだろうか。

今週は尾崎一族4名が出場する。昨年米国ツアーから国内ツアーに帰ってきた直道、2000年には16年ぶりにこの大会で優勝した健夫、そして、先月行われた予選会を勝ち上がったジャンボの長男 智春が揃うことになった。

昨年はフィリピンのF.ミノザが、最終日に66をマークし大逆転で7打差をひっくり返した。特に終盤海沿いのホールは、風の影響を受けやすくスコアを崩しやすくなっていた。風に強いミノザの本領発揮となった。

そのミノザに逆転を許してしまったのが台湾の林根基だった。2、3日目にスコアを伸ばし最終日を2位に5打差と大きくリードして迎えた。しかし、終わってみれば6アンダー3位。昨シーズン2勝を上げた林だが、この時点ではまだ未勝利だった。見えないプレッシャーに襲われてしまったようだった。

今年の大会にはアマチュアの清田太一郎が出場する。2000年の大会では6位に入る大健闘を見せた清田が、学生として最後の川奈挑戦になるだろう。先週の中日クラウンズで大会を引張った宮里優作、そして今週出場する清田と将来有望な選手が登場してきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。