ニュース

国内男子ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

強風との戦い、9アンダーをキープした室田淳が単独首位

国内男子ツアー「ダイドードリンコ静岡オープン」の3日目、これが浜岡の風だと言わんばかりに強風が選手を苦しめた。

9アンダーからスタートした室田淳が5バーディ、5ボギー、スタート時のスコアをキープし単独首位に立った。前半は37の1オーバーだったが、後半に入り11番パー5で7メートルのバーディぱっとを決めると、13番まで3連続バーディを奪い一時は11アンダーまで伸ばした。

しかし、終盤の16、18番でボギーを叩き9アンダーでホールアウトした。「ボギー5つはダメですね。でも、今日のような風が吹いていれば、こんなもんですかね。もう年だから、あと何年ツアーでプレーできるかわからないし、楽しく今はゴルフをしたい」 46歳の室田が昨年後半から安定したゴルフを見せている。

8アンダー1打差には中国の張連偉がつけている。張は昨年11月のワールドカップに中国代表として出場。今シーズンから日本ツアーを主戦場として戦っていく。

7アンダー3位グループには国吉博一、金鐘徳、加瀬秀樹の3人が並んだ。金は1999年にこの大会に優勝をしている、コースとの相性はバツグンだ。また、国吉は昨年末に行われたクオリファイングトーナメントをトップで通過、今シーズンはほとんどの試合での出場資格をつかんでいる。

また、14番パー3では中嶋常行がホールインワンを達成した。今週からツアーに出場している中嶋にとってこの試合は、息子雅生のデビューという記念すべき試合だった。2人そろっての決勝ラウンドは果たせなかったが、自身の開幕戦でめでたいホールインワン。賞金ホールではなかったが、主催者から賞金20万円が用意された。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!