ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

来るか連覇!ジャンボが首位と3打差の2位に浮上!!

2003/09/20 18:00

北海道の札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで行われている国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」3日目。時より晴れ間の見える好天に恵まれたが、気温は20度を下回り秋の訪れを感じる。

昨年、30回の記念大会を制したジャンボ尾崎が、スコアを伸ばし優勝争いに絡んできた。3アンダー12位からスタートしたジャンボは、2番ホールで下り5メートルのバーディパットを沈めると、5番も4メートルを沈めた。そして7番からは3連続バーディ。前半だけで5ストローク伸ばしてきた。

<< 下に続く >>

その勢いで一気にスパートを賭けたいジャンボだったが、10番でボギーを叩くと勢いを失ってしまった。16番パー3でまたしても4メートルのバーディパットを沈めたが、後半はこれだけ。通算8アンダー2位タイで3日目を終えている。

下から追い上げるジャンボの怖さを知らない台湾の葉偉志は、2日目に首位に浮上すると順調にスコアを伸ばしていた。前半3バーディでトータル14アンダー、独走態勢に入る勢いだった。ところが後半に入ると、ティショットが安定せず、11、12番で連続ボギーを叩いてしまった。その後もパーセーブするのがやっと、という状態になり最終18番でもボギー。2位のジャンボに3打差となってしまった。

ジャンボを同じ8アンダー2位には、この日3ストローク伸ばした米山剛が並んでいる。先週もジャンボと同じ組でラウンドし好スコアをマークした米山だが、最終日、最終組という状況で同じようにスコアを伸ばすことができるか注目だ。

また、7アンダー4位には谷口徹手嶋多一宮瀬博文など6人が並んでいる。実力ある選手がいい位置につけているだけに、誰が優勝するのか全く分からなくなってきた。後半スコアを崩した葉が立ち直るか、それともジャンボが得意の輪厚で大会8勝目をマークするのか。この日のギャラリー数は8300人を超えた。最終日も多くのギャラリーがコースに足を運ぶことになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!