ニュース

国内男子ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光が10アンダーで単独首位に浮上!!

広島カンツリークラブ八本松コースで開催されている、ツアー第12戦「ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント」の2日目。初日6アンダー2位タイにつけた伊沢利光が、4ストローク伸ばし10アンダーで単独首位に立った。

10番ホールからスタートした伊沢は、14番でボギーが先行してしまった。しかし15番パー5で確実にバーディを奪うと、その後も4つのバーディを積み重ねるなど、2週連続優勝に向け順調にスコアを伸ばしている。現在賞金ランキング3位の伊沢は、2位の宮瀬博文までは僅か270万円ほど。トップのトッド・ハミルトンとは3000万円以上の開きがあるが、全英オープン出場組がいない間に賞金を稼いでおきたい。

<< 下に続く >>

初日7アンダーの単独首位に立った倉本昌弘もスコアを2つ伸ばし、伊沢と1打差の2位につけている。ボギーを4つ叩く苦しい内容になったが、6バーディを奪い通算8アンダーまで伸ばしている。残り2日間、このペースでスコアを伸ばし続けるか注目だ。

倉本と並び、2位に浮上してきたのは、プロ入り6年目の高橋竜彦だ。2年目以降、賞金ランキングは常に100位以上と目立った成績を残していないが、この日は8バーディを奪うチャージを見せて優勝争いに絡んできた。

さらに2打差の7アンダーには、鈴木亨桑原克典河村雅之の3人が並んでいる。桑原は11番パー3でボギーを叩くものの、10個のバーディを量産し2オーバー88位から一気に3位までジャンプアップ。河村も12番から4連続バーディを奪うなど、今週は好スコアが続出している。首位に立った伊沢としても、安心はできない展開だ。

また、この大会で過去に9勝しているジャンボ尾崎は、初日5オーバーの130位と大きく出遅れ、この日9ホールを消化した時点で風邪のため棄権することになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!