ニュース

国内男子ミリオンヤードカップの最新ゴルフニュースをお届け

ホームの日本は出遅れ 韓国が3ポイントリード

◇日韓男子ゴルフ対抗戦◇ミリオンヤードカップ初日◇パサージュ琴海アイランドGC(長崎県)◇7066ヤード(パー71)

日韓両国のプライドをかけた団体戦が開幕。各10人の代表選手が出場し、初日はフォアサムのストロークプレー(各チームのペアが1つのボールを交互に打ち合い、18ホールのトータルスコアで勝敗を決する)5試合で争われ、2大会ぶりの勝利を狙う日本は1ポイントしか奪えず、4ポイントを獲得した韓国のリードでスタートした。

勝ち1ポイント、引き分け0.5ポイントが配分される団体戦。日本は第1試合で出端をくじかれた。谷原秀人高山忠洋のペアが韓国のベテランコンビ、S.K.ホ&チェ・ホサンに69-68で敗れて敗戦が先行。2試合目の近藤共弘藤本佳則I.J.ジャンチョ・ミンギュを68-70で破ったものの、その後は黒星が続いた。

第3試合は谷口徹藤田寛之ホン・スンサンH.W.リューに終盤に逆転を許して1打差で敗北。続く深堀圭一郎石川遼キム・ドフンカン・キョンナムに70-66と大差をつけられた。最終組の小田龍一池田勇太も5打差でドンファン&パク・サンヒュンに敗れた。

大会2日目はフォアボールのストロークプレー(各チームのペアが別々のボールでプレーし、ホールごとに良い方のスコアを採用、18ホールのトータルスコアで勝敗を決する)5試合が行われる。

<強い韓国!アウエーのプレッシャーを結束に>
4回目にして日本初開催となった今年の日韓男子プロゴルフ対抗戦「ミリオンヤードカップ」。長崎県にあるパサージュ琴海GCには、2,022人のゴルフファンが訪れた。スタート前に行われた開会式では両国国歌が演奏され、国旗を前に選手たちも気持ちを高める。地の利を生かした日本チームが、序盤は優位に戦いを進めた。

まず飛び出したのは、第3組の谷口徹藤田寛之ペア。2番で谷口が長いバーディパットを沈めると、藤田のショットと谷口のパットが抜群のかみ合わせをみせて、5番までに4連続バーディを奪ってホン・スンサンH.W.リューの韓国ペアに4打差をつける。続く深堀圭一郎石川遼ペアも、韓国チーム(キム・ドフンカン・キョンナム)のダブルボギーもあって、7番までに3打差をつけた。

しかし、ゲームの流れは少しのきっかけで変わっていく。6番でリューが5mのバーディパットを沈めると、藤田は下り1mのパットを外してボギーとしてしまう。8番でも日本はボギー、韓国はバーディとしてあっという間に4打のリードは消滅。後半も勢いに乗った韓国チームに逆転負けを喫してしまう。

また、「いつか自分たちにもチャンスが来ると、キム・ドフンと励ましあった」というカン・キョンナムペアは、8番から怒涛の6連続バーディを奪って大逆転。終わってみれば韓国チームが4勝で、日本はわずかに1勝と大差がついた。

第1組で勝利を挙げたS.K.ホは、「アウエーの戦いなのでいつもよりプレッシャーを感じていた。その分、チームで話し合うことが多かったので、それがみんなの結束を固めたと思う」と、不利な状況をチームワークで克服できたと胸を張る。2日目はフォアボールが5試合、そして最終日はシングルスが10試合。最終日に最大10ポイントが動くとはいえ、日本チームにとっては明日の巻き返しが必須となった。

<大会2日目のペアリング/フォアボール、ストロークプレー>
第1試合(9時10分)小田龍一池田勇太 vs S.K.ホ、チェ・ホサン
第2試合(9時25分)深堀圭一郎石川遼 vs ホン・スンサンH.W.リュー
第3試合(9時40分)谷口徹藤田寛之 vs ドンファン、パク・サンヒュン
第4試合(9時55分)近藤共弘高山忠洋 vs I.J.ジャンチョ・ミンギュ
第5試合(10時10分)谷原秀人藤本佳則 vs キム・ドフンカン・キョンナム

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ミリオンヤードカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。