ニュース

国内男子とおとうみ浜松オープンの最新ゴルフニュースをお届け

藤本佳則が単独首位で決勝ラウンドへ!遼は43位に急降下

◇国内男子◇とおとうみ浜松オープン2日目◇グランディ浜名湖ゴルフクラブ(静岡県)◇7054ヤード(パー72)

注目のツアールーキー藤本佳則が「70」で回り通算10アンダーの単独首位の座をものにした。2打差の2位タイに岩田寛ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。7アンダーの4位に片岡大育が続いている。

<< 下に続く >>

通算6アンダーの5位タイには武藤俊憲谷原秀人近藤共弘の3選手。22歳の小平智が「68」をマークして、キム・キョンテ(韓国)、薗田峻輔丸山大輔らと並んで通算4アンダーの11位タイに浮上した。

初日首位に2打差の8位タイから出た石川遼は「77」と大崩れ。3つのダブルボギーをたたくなど出入りの激しい展開で、通算1アンダーの43位タイに後退した。

<ツアー3戦目の藤本佳則「優勝目指しています!」>
初日に8アンダーをマークして首位タイにつけた藤本は、2日目のラウンドを午後1時に10番からスタート。朝から強い風が吹いていたため「イーブンパーでも良いぐらいですが、2アンダーを目指しました」と、4バーディ、2ボギーの2アンダーで回り目標を達成した。

「この風で2アンダーは正直できすぎって感じです。風の対策としては、グリーンを外すにしても打ってはダメな場所と、安全な場所を見極めていかにパーを拾っていくかが大事だと思いました。こんなに強い風はなかなか経験できないですから」。特別強風への苦手意識を持たない藤本だが、経験のないほどの強風に耐えしのいだ。

予選2日間を首位で終えたことに「優勝を目指していますので」ときっぱり。練習日からショットが好調で「学生時代には何度も優勝争いを経験してきましたが、プロになって最終日に優勝争いをしたら、自分がどんなゴルフを出来るかわかりませんが、明日もスコアを伸ばして、最終日を首位で迎えたい」と、プロ転向後ツアー参戦3試合目での快挙を目指している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 とおとうみ浜松オープン




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!