ニュース

国内男子とおとうみ浜松オープンの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】小林正則「遼が相手だったから勝てた!」

2011/05/22 20:41


国内男子ツアーで今季から新設された「とおとうみ浜松オープン」の初代チャンピオンになったのは、プロ14年目の小林正則だった。最終日を首位と3打差の2位タイで迎えた小林は、2009年「ブリヂストンオープン」以来となる最終組でプレーし、その時は7位タイに終わったが「優勝したい」という強い気持ちでスタートした。

2番から3連続バーディを奪うと、9番(パー5)ではグリーン手前の花道からチップインイーグル。後半に入っても14番までに3つのバーディを積み重ねて通算21アンダーまで伸ばした。しかし「15番で(リーダーズ)ボード見たら、遼が1打差で追いかけてきていたので、まだまだ伸ばさないとダメだと思いました」と、追い上げる石川が終盤にバーディを奪うことを想定して自らも気合いを入れなおした。

<< 下に続く >>

ところが、16番(パー3)でボギーを叩いた小林が、18番で再度順位を確認すると、石川もボギーを叩いて同スコアで並んでいた。最終18番でバーディを奪えば小林の優勝が決まるという場面で、ティショットを右に曲げて2打目も右のラフへ。3打目をピン下3mに寄せたが、バーディパットはカップをかすめ、思わずひざを崩して悔しがった。

「終わった、と思いましたね。実はプレーオフ、相性悪いんですよ。チャレンジツアーで2回やって負けていますし。で、相手が遼でしょ。勝てる気はしなかったのですが、逆に気合いが入りましたね。1ホール目も、2ホール目も遼なら寄せてくるし、入れてくるはずだと思ってやっていたら、遼がバーディパットを外したので勝てちゃいました(笑)。意外だったのは、みんな遼の応援をするのかと思ったら、自分にも声をかけてくれて、嬉しかったですね。すごくやる気になりました」と優勝会見で話した。相手が人気、そして実績でも小林よりも格上の石川だったからこそ、プレーオフの苦手意識を忘れてプレーに集中できたようだ。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 とおとうみ浜松オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!