ニュース

国内男子VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は29位タイ発進!べ・サンムンが単独首位

福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部で開幕した、国内男子ツアーの第12戦「VanaH杯KBCオーガスタ」の初日。韓国のべ・サンムンが8バーディ、1ボギーの「65」をマークし、7アンダーで単独首位に立っている。

ベ・サンムンは、今年5月に行われた「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で河井博大と優勝争いを演じるも、最後は2打差に泣き単独2位フィニッシュ。その前週の「つるやオープン」でも2位タイと今シーズン好調をキープしている。

1打差を追う2位タイには、キム・キョンテ池田勇太藤田寛之の3選手が並んだ。石川遼は3バーディ、1ボギーの「70」でホールアウトし、2アンダーの29位タイとまずまずのスタートを切っている。

池田勇太が今季2勝目へ向け好発進>
7月末の「サン・クロレラクラシック」で今季初勝利をマークした池田が、首位に1打差の2位タイと好スタートを切った。開幕前日の雨によって芝目の影響が強くなったグリーンのコンディションに悩まされ、序盤はなかなかチャンスを生かせなかったが、徐々にリズムに乗って7バーディ、1ボギーの「66」。特に後半は4バーディの「32」と「非常に良い上がりだった」と納得顔。一昨年の王者は「残り3日間を大切にしながら、優勝争いを演じたい」と奪還へ向け力強く語った。

<ぶっつけ本番のキム・キョンテも2位タイ>
4位タイに食い込んだ前週の米国男子ツアー「ウィンダム選手権」に出場後、ソウル経由の航空機の乗り継ぎなどのトラブルから、開幕前日の24日(水)にコース入りしたキョンテ。愛用するクラブが手元に届いたのは同日の午後8時頃と、まったく事前に練習できないまま試合に臨んだ。しかしそんなアクシデントもなんのその。「最初はフィーリングを取り戻しながらやった」と試運転しながら、後半アウトの上がりは4連続バーディフィニッシュ。高麗グリーンは苦手と自認する中でも、トップに1打差の2位タイと絶好の位置で初日を終えた。

<日本ツアー初優勝を狙う次なる韓国勢はベ・サンムン
例年スコアの伸ばし合いとなる同大会で、韓国のベ・サンムンが初日に抜け出した。前半3番(パー3)でボギーを先行させるが、その後8バーディを奪取。「今日はすべてが良かった。ドライバーのミスは1回だけ。パットが特に良かった」。前週の「関西オープンゴルフ選手権競技」ではチョ・ミンギュがツアー初優勝をマーク。J.B.パクハン・ジュンゴンといった韓国勢の初優勝者が立て続けに出現している。ベは、2008年から2年連続で韓国ツアー賞金王に輝いた有望株。「先週のチョ選手の優勝は刺激になりました。早く仲間入りをしたい」と意気込んでいる。(福岡県糸島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。