ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要が首位浮上!片山1打差、池田は2打差で追いかける!

千葉県にある袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースで開催されている国内男子ツアー第18戦「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」の3日目、上位がスコアを伸ばせず足踏み状態となり、優勝争いは一気に混戦となってきた。

この日、8バーディノーボギーの完璧なゴルフで、10位タイから単独首位へとジャンプアップを果たしたのは横尾要。出だしの1番でチップインバーディを奪うと、その勢いのまま前半、後半とそれぞれ4つずつのバーディを積み上げた。今季は4位タイが最高位の横尾。リードは僅かに1打だが、「思い入れが強い」というプロデビューの大会で06年以来の自身通算6勝目を目指す。

<< 下に続く >>

1打差の2位につけるのは、今季未勝利と苦しむ片山晋呉。永久シードの獲得、マスターズでの活躍と大きな目標を達成し、モチベーションの低下に喘いでいたが、やはりその実力は侮れない。淡々と上位に上がってきた。

通算11アンダーの3位タイには、池田勇太久保谷健一小田龍一小林正則の4人が続く。2日目を終えて首位タイに立っていた池田だったが、この日は14番、15番での連続ボギーが響いて一つスコアを伸ばすに留まった。とはいえ、まだ首位とは2打差。逆転優勝も十分に狙える位置だ。

また、2日目を終えて通算2アンダーの29位タイにつけていた石川遼は、この日は前後半ともに1バーディ1ボギーという大人しいゴルフ。スコアは2アンダーで変わらないが、順位は40位へと下げている。今週はドライバーショットで新しいことに取り組み始めているという石川は、「粘り強く打ち続けるしかない」と先を見つめた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!