ニュース

国内男子ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

片山が首位の座を譲らず 尾崎や谷口など上位は大混戦

広島県東広島市にある広島カンツリークラブ八本松コースで行われている、国内男子ツアー第13戦「ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント」の3日目。連日の猛暑の中、57歳5ヶ月のジャンボ尾崎が我慢強いゴルフを披露した。

大会2日目のインタビューの時、「晋呉と一緒に大会を盛り上げていく」と語ったジャンボ。この日最終組で片山と一緒にラウンドしたジャンボは、バーディが奪えず我慢のゴルフが続いたが、3バーディ2ボギーで3日目を終了。首位と2打差、通算11アンダーの3位タイにつけ、逆転優勝に向けて絶好の位置につけた。もしジャンボの逆転優勝となれば、前人未踏の同一大会10勝目、さらにはツアー最年長優勝記録の更新(57歳5ヶ月)となる。ジャンボの活躍に期待したい。

一方、首位を走る片山晋呉は、2日目のような勢いはなかったが、安定したプレーで確実にスコアを伸ばし、通算13アンダーで単独首位をキープした。5月の初旬に行われた「中日クラウンズ」以来、今季2勝目を挙げることができるのか。

また、尾崎3兄弟の次男である健夫が、通算12アンダーで単独2位に浮上。8番パー5でイーグルを奪うなど、アグレッシブなゴルフを展開して4つスコアを伸ばした。今年シニアツアーにデビューしたばかりのジェットが、レギュラーツアーでの優勝を狙う。

そのほか、ジャンボと並び首位と2打差の3位グループを形成するのは、初日首位だった高山忠洋谷口徹の2人。高山はこの日のベストスコア「64」をたたき出して再浮上。そして2002年の賞金王谷口は、スコア「67」をマークしてジワリジワリと上位に進出。上位陣に役者が揃い、優勝争いは混沌としている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!