ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

悪天候によるサスペンデットの中、片山晋呉が暫定トップに君臨!

山梨県にある富士桜カントリー倶楽部で行なわれている、国内男子ツアー第17戦「フジサンケイクラシック」の2日目。この日は、悪天候によるコース整備の為、第1組のスタート時刻を変更。さらに競技の中断などもあって日没サスペンデットとなる中、片山晋呉が通算5アンダーで暫定トップに立った。

片山は13番終了時点で2バーディ、2ボギーでホールアウト。コースコンディションが悪い中でもスコアを崩すことなく、首位の座を守っている。

4アンダーの暫定2位には、手嶋多一谷原秀人がつけ、3アンダーの4位タイに矢野東谷口拓也、リャン・ウェンチョン(中国)の3人が続く混戦となっている。

注目選手では、宮里聖志谷口徹らが通算2アンダーの暫定7位タイ。米国ツアーから帰国した昨年の覇者丸山大輔も、スコアを2つ落としたものの通算1アンダーの暫定12位タイに踏みとどまっている。なお、原田三夫宮瀬博文溝口英二川岸良兼小山内護の5選手は途中棄権。第2ラウンドの残りは、明日の6時45分から再開の予定となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!