ニュース

国内男子アジア・ジャパン沖縄オープンの最新ゴルフニュースをお届け

J.M.シンが快スコア「62」!日本勢は好調の3人が上位をキープ

沖縄県の那覇ゴルフ倶楽部で開催されている、2005年度国内男子ツアー初戦「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」の2日目。アジアンPGAツアー(APGA)と共同開催で行われており、国際色豊かな大会となっている。

予選ラウンドを終えて首位に立ったのは、日本ツアーを主戦場に置くジーブ・ミルカ・シン(インド)だった。この日9つのバーディを量産したシンは、ノーボギーの完璧な内容で混戦を抜け出し通算13アンダーをマーク。2位以下に4打差をつけて単独首位に踊り出た。

また通算9アンダーの2位にこの日4つスコアを伸ばした林吉祥(台湾)。通算8アンダーの3位に首位スタートのチャーリー・ウィ(韓国)が控えている。

そして日本勢の中でトップを走る井上信川岸良兼の2人が通算7アンダーの4位。通算6アンダーの8位タイに、加瀬秀樹がつけており、今シーズンの後半で日本ツアーを盛り上げた選手達が上位につけた。

一方、米国男子から招待枠で今大会に出場し注目を集めているタイ・トライオン(米国)は、通算3アンダーの30位タイ。ベテランのスコット・ホーク(米国)は、スコアを伸ばせず通算1アンダーの57位タイに低迷中。

ディフェンディングチャンピオンの谷原秀人は、出入りの激しいゴルフを展開して通算3アンダーの30位。この大会で良い成績を残し、ワールドランキング50位以内に食い込みたい谷口徹は、スコアを1つ落として通算2アンダーの47位タイに止まっている。

そのほか地元沖縄で期待がかかる宮里兄弟は、兄の宮里聖志が通算4アンダーの21位タイとまずまずの位置。この大会2年連続2位と相性の良い弟の宮里優作は、通算1アンダーの57位タイで2日目を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2004年 アジア・ジャパン沖縄オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!