ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が独走態勢に! 共に最終組を回った石川遼は21位に後退

東京よみうりカントリークラブで開催されている、国内男子の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2日目。単独首位からスタートした片山晋呉が、通算8アンダーまでスコアを伸ばして単独首位を堅守。後続との差を5打差に引き離し、頭1つ抜け出して独走態勢に入った。

4番、5番の連続バーディで勢いづいた片山は、8番パー3ではチップインバーディを決める。12番、14番をボギーとして一時は差を詰め寄られたが、16番で4メートルを沈めてバーディ。さらに17番パー5では、残り約30ヤードの3打目を直接カップにねじ込むイーグル。豪快なガッツポーズを繰り返し、片山の雄叫びがコースに響き渡った。逆転賞金王の最低条件である優勝を、実力で手元に引き寄せた。

通算3アンダーの2位タイには、プラヤド・マークセン(タイ)、宮瀬博文、ディフェンディングチャンピオンのジーブ・ミルカ・シン(インド)。通算2アンダーの5位タイには、谷口徹岩田寛が並んでいる。

1アンダーの3位タイ、片山と共に最終組をラウンドした石川遼(16=杉並学院高)は、「いいスイングができなかったのが、今日の全て」とスコアメイクに苦しみ、1バーディ、5ボギーのラウンド。通算3オーバーの21位タイに後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!