ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川は薄氷の予選突破!単独首位は丸山大輔

京都府にある城陽CCで行われている国内男子ツアー第14戦「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン」の2日目、9月末とはいえ会場は厳しい残暑に見舞われた。

その厳しい状況の中、大会ホストプロの石川遼がヒヤヒヤの予選突破を果たしている。初日を2オーバーの54位タイで終えた石川。この日は前半に一つスコアを伸ばして折り返したが、迎えた12番に落とし穴が潜んでいた。

ティショットを右サイドのつま先上がりの斜面に打ち込むと、4Iの第2打は左に引っ掛かってOBゾーンへ。打ち直しの4打目でフェアウェイに置いたものの、5打目はグリーン奥のラフにこぼれて、寄せワンの「7」。このホールをトリプルボギーとし、通算4オーバーへと後退した。「予選カットラインのことが頭をよぎった」という石川だが、直後の13番で2.5mを沈めてバーディを奪い返す。結局この日は「72」と一つスコアを落としたものの、通算3オーバーの51位タイで、無事予選通過を果たしている。

2日目を終えて単独首位に立つのは、この日「66」で回った丸山大輔。通算7アンダーとし、初日の17位タイからジャンプアップを果たしている。通算6アンダーの2位には、金亨成(韓国)。通算5アンダーの3位タイに、P.マークセン(タイ)と手嶋多一鈴木亨の3人が続いている。

2週連続優勝を狙う谷口徹は通算2アンダーの11位タイ、ディフェンディングチャンピオンの谷原秀人は通算イーブンパーの28位タイで2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!