ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

藤田が逃げ切りV!賞金王はキム・キョンテ

東京都稲城市にある東京よみうりカントリークラブで行われている国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終日、今年1年の総決算、そして佳境を迎えた賞金王争いの結末を見届ける為に、会場には17,070人という過去最多のギャラリーが訪れた。4日間合計で37,485人となり、過去10年間での4日間最多ギャラリー数を更新。男子ツアーの盛り上がりを印象付けた。

優勝争いは最終組を中心に展開する。通算11アンダーの単独首位からスタートした藤田だが、前半はスコアを伸ばせない。6番を終えた時点で、ブレンダン・ジョーンズ池田勇太、さらに平塚哲二が並ぶ大混戦となる。

終盤、トーナメントレコードに並ぶ「61」で猛追したのは谷口徹。通算14アンダーまでスコアを伸ばしたが、17番でイーグルを奪った藤田が通算15アンダーとして抜け出すと、最終18番ではティショットをグリーン右サイドのバンカーに入れたものの、そこからピンそば1mにつけてパーセーブ。1打差で逃げ切り、初の日本タイトル獲得に成功した。

逆転賞金王を目指した石川遼は、前半6ホールで5つのバーディを奪って追い上げたが、通算9アンダーの7位タイどまり。初日の出遅れを巻き返したが、賞金ランキングでは藤田に抜かれて3位となった。

今シーズンの賞金王に輝いたのは、通算10アンダーの5位タイで終えたキム・キョンテ。外国人選手としては1987年のデビッド石井以来23年ぶり、韓国人としては初の栄冠に満面の笑顔を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。