ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

タイガーチャージが始まった!T.イメルマンは一歩抜け出す!!

ジョージア州アトランタ郊外のオーガスタナショナルゴルフクラブで開催されている、2008年のメジャー第1戦「マスターズ」。予選2日間の晴天とは異なり、予報どおりの曇り空で迎えた3日目。昼ころから激しい雨が降り、45分間の中断となった。

最終組の1時間30分前にスタートしたタイガー・ウッズは、前日ボギーを叩いた2番パー5でバーディを奪い、前半を1アンダー「35」。後半に入ると、10番、13番、17番でもバーディを奪い、この日は4ストローク伸ばし通算5アンダーでホールアウト。

17番は2日目にベタピンにつけたが、この日はセカンドショットのバックスピンでカップをすり抜け手前15センチにぴたり。ショットの精度は高いが、バックスピンでピンから離れるシーンが何度もあり、ストレスを抱えるラウンドだったが、最後は笑顔を見せた。これまでメジャーでの逆転優勝はないタイガーだが、首位に5打差の単独5位で最終日を迎える。

首位は3日間試合をリードしている南アフリカのトレバー・イメルマン。4番パー3でボギーを叩き、前半は首位の座を明け渡すなど苦しい展開となったが、中盤以降ショットが安定し通算11アンダーまでスコアを伸ばしている。

2打差の9アンダー単独2位はブラント・スネデカー。スネデカーはイメルマンとは対照的に前半スコアを伸ばし一時単独首位に浮上。ところが、11番から3連続ボギーを叩き後退したが、14番以降3つのバーディを奪い単独2位に再浮上し最終日を迎える。

さらに1打差の8アンダー単独3位はスティーブ・フレッシュ。7アンダー単独4位はイングランドのポール・ケーシーがつけている。3位タイからスタートしたフィル・ミケルソンは、中盤スコアを崩しこの日3オーバー。通算2アンダーの7位タイに後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。