ニュース

欧州男子マイゴルフライフオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 マイゴルフライフオープン
期間:03/10〜03/13 場所:ピーカンウッドG&CC(南アフリカ)

ララサバルが三つどもえのプレーオフ制す 川村昌弘35位

◇欧州男子◇マイゴルフライフオープン 最終日(13日)◇ピーカンウッドG&CC(南アフリカ)◇7697yd(パー72)

38歳のパブロ・ララサバル(スペイン)がジョーダン・スミス(イングランド)、アドリ・アーナス(スペイン)とのプレーオフを制し、同じく南アフリカ開催だった2019年「アルフレッド・ダンヒル選手権」以来となるツアー通算6勝目を飾った。

<< 下に続く >>

1打差2位から出て1イーグル6バーディ、3ボギーの「67」でプレー。通算22アンダーまで伸ばして迎えたプレーオフでは、1ホール目でボギーをたたいたアーナスが脱落。再び18番を使う2ホール目でセカンドを1.2mにつけてバーディを奪ったララサバルに対し、スミスがボギーとして勝敗が決した。

この日のベストスコアに並ぶ「64」で回ったジョージ・クッツェー(南アフリカ)が21アンダー4位。初日から首位を走っていたヘニー・デュプレシス(南アフリカ)は「72」と伸ばせず、19アンダー6位で初優勝はならなかった。

21位スタートの川村昌弘は2バーディ、2ボギーの「72」でトータル12アンダー35位フィニッシュ。南アフリカで連戦となる「ステインシティ選手権」(17日~/ザ・クラブatステインシティ)にもエントリーしている。

関連リンク

2022年 マイゴルフライフオープン



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!