ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:サザンヒルズCC(米国)

2007年のメジャー最終章! プロナンバーワンの座は誰の手に!?

海外男子ゴルフのメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が8月9日(木)から12日(日)までの4日間、米国オクラホマ州にあるサウスヒルズCCで開催される。アマチュアは参戦できず、プロのみが出場を許される今大会。男子プロの世界ナンバーワンを決める、名誉と誇りをかけた一戦でもある。

昨年大会は、タイガー・ウッズが2位に5打差をつける圧勝を飾り、「全英オープン」に続くメジャー2連勝、そして同大会3勝目を達成。父・アール氏の死去により一時期調子を崩していたタイガーだったが、世界ナンバーワンの実力を改めて証明して見せた。

<< 下に続く >>

今季、これまで開催されたメジャー3戦では、ザック・ジョンソンアンヘル・カブレラパドレイグ・ハリントンと、いずれもメジャー初勝利者が名を連ねている。とは言っても、今大会の優勝者を予想する場合、やはりタイガーの名前は外せない。「全英オープン」では第一子が生まれて間もなかったため、生活リズムの崩れによる調整不足もあっただろう。本来の実力を発揮できる状態に戻れば、大会連覇を果たす可能性は高い。

また、舞台であるサウスヒルズCCでのメジャー開催は、2001年の「全米オープン」以来。この時タイトルを手にしたのは、南アフリカの強豪レティーフ・グーセンだ。コースとの相性は、イメージ良くショットを打つための大きなアドバンテージ。グーセンが、世界の注目を一身に浴びる展開となるかもしれない。さらに、2005年の覇者フィル・ミケルソン、1998年・2004年大会を制しているビジェイ・シンらも、当然のように優勝争いに絡んでくるだろう。

その中で、日本勢の闘いにも注目が高まる。5回目の出場となる谷口徹、2001年大会で4位の好成績を残している片山晋呉、そして米国ツアーを主戦場とする今田竜二。少数ながら精鋭が揃った日本人プレーヤーたちが、海外の強豪たちと互角に渡り合う姿を期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全米プロゴルフ選手権

  • 2007/08/09~2007/08/12
  • 賞金総額:5,007,922
  • サザンヒルズCC(米国)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!