ニュース

欧州男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 場所:オークモントCC(ペンシルベニア州)

A.バデリーが単独首位に! 明日はタイガーと共に最終組をラウンド!

ペンシルバニア州のオークモントCCで開催されている、海外男子ゴルフのメジャー第2戦「全米オープン」の3日目。初日、2日目に続き、この日も快晴に見舞われたオークモント。澄み渡る青空とは対照的に、日に日に硬さを増してゆくグリーンが選手たちに牙を剥く。

単独首位からスタートしたアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)はボギーが先行する苦しい展開が続き、この日「75」で7位タイに後退。1打差の単独2位からスタートしたバッバ・ワトソンも、9番パー4でラフからのアプローチをミスしてトリプルボギーとするなど、通算5オーバーの3位タイに順位を下げた。

<< 下に続く >>

最終組の2人に変わり単独首位に躍り出たのが、今季PGAツアーで1勝を挙げている26歳の新鋭、アーロン・バデリー(オーストラリア)。首位と2打差の3位タイからスタートしたバデリーは、前半はボギーが先行して2つスコアを落としたものの、後半に入り10番、12番、13番とバーディを奪取。優勝争いのプレッシャーからかショットが急に乱れ、15番、16番と連続ボギーとするが、最終18番をバーディで締めてこの日イーブンパー。後続に2打差をつける通算2オーバーの単独首位として、ビッグタイトルに王手をかけた。

明日の最終日、そのバデリーと最終組をプレーするのが、この日ようやく"らしさ"を見せたタイガー・ウッズだ。予選ラウンドでは不安定だったティショットも安定し、そのほとんどがフェアウェイを捕らえたタイガー。最終18番こそティショットを右ラフに入れてボギーとしたが、2バーディ、1ボギーの「69」をマーク。バデリーに2打差となる通算4オーバーの単独2位でホールアウトした。仮に大会3度目の優勝を飾れば、4大メジャー全てで3勝以上を挙げる"トリプルグランドスラム"達成となる。歴史的偉業の瞬間に、多くの注目が集まることだろう。

3位タイには、スティーブン・エイムズ(カナダ)、ポール・ケーシー(イングランド)、ジャスティン・ローズ(イングランド)が通算5オーバー。ビジェイ・シン(フィジー)は通算8オーバーの13位タイ、ディフェンディングチャンピオンのジェフ・オギルビー(オーストラリア)は通算14オーバーの40位タイ。日本人でただ1人予選を通過した片山晋呉は、「79」とスコアを崩して通算15オーバーの45位タイと大きく後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全米オープン

  • 2007/06/14~2007/06/17
  • 賞金総額:5,241,402
  • オークモントCC(ペンシルベニア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!