ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 場所:オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)

過酷なマスターズ!アンダーパーは3人のみ。タイガーは依然15位タイ

アンダーパーが9名という、例年にない過酷なコースセッティングでスタートした今年のマスターズ。連日の晴天でグリーンが硬くなっているのと、寒波の影響で上空の風が安定せず、選手たちのクラブ選択を悩ませているためだ。2日目になっても状況はほとんど変わらず、アンダーパーをキープしているのは3人だけになってしまった。

首位は2アンダーのブレット・ウェッタリックティム・クラーク(南アフリカ)の2人。ウェッタリックはマスターズ初挑戦で、初日に首位タイに立ちこの日は1オーバーで凌ぎ首位をキープしている。クラークは、昨年最終日の最終18番でグリーン右サイドのバンカーからチップインバーディを決め、5アンダー単独2位に食い込んだ。そして、この日はグリーン奥のカラーからパターを使いチップインパーで締め、首位タイに浮上している。

<< 下に続く >>

1打差の単独3位には、地元出身のボーン・テーラー。さらに1打差のイーブンパーには、この日3ストローク伸ばしたジェリー・ケリービジェイ・シンジャスティン・ローズザック・ジョンソンの4人が並んでいる。15番まで3アンダー首位につけていたジョンソンがそのままホールアウトしたら、予選通過は首位と10打差以内の7オーバーまでだった。ところが、16番であわやホールインワンというピン奥1メートルにつけるスーパーショットを見せたジョンソンは、ここから3パットしボギー。そのショックを引きずり、17番、18番と3連続ボギーでイーブンパーまで後退してしまった。

1オーバー15位タイからスタートしたタイガー・ウッズは、初日よりもショットが不安定で何度もピンチを迎えた。しかし、粘りのゴルフを見せ3オーバーでフィニッシュ。順位は変わらず、首位とは5打差で決勝ラウンドを迎えることになった。

注目の日本勢は、片山晋呉が大健闘を見せた。7オーバー、75位からスタートし2番、3番で連続バーディ。その後、何度かピンチを迎えたがパッティングで凌ぎ3バーディ、3ボギーのイーブンパーでフィニッシュ。通算7オーバーは、40位タイまで浮上し3年連続での決勝ラウンド進出を決めた。また、谷原秀人は2日間通算20オーバーの91位タイで、マスターズ初挑戦を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!