ニュース

欧州男子ISPS HANDA ワールドスーパー6パースの最新ゴルフニュースをお届け

フィリピンとノルウェーの若手が首位 片岡、池田、川村は出遅れ

◇欧州、アジア、豪州共催◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 初日(14日)◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72)

7連続バーディを決めた24歳のミゲル・タブエナ(フィリピン)と、20歳のクリストファー・レイタン(ノルウェー)が7アンダーとし、首位に並んで発進した。

リチャード・マケボイ(イングランド)とベン・キャンベル(ニュージーランド)が2打差の5アンダー3位で続いた。

3人が出場する日本勢は総じて出遅れた。片岡大育は5バーディ、6ボギーと出入りが激しく、1オーバーの76位。池田勇太は2オーバーの113位、川村昌弘は4オーバーの143位で初日を終えた。

競技は3日目までストロークプレーを行う(2日目終了時点で予選カットあり)。上位24人が最終日に進出し、6ホールのマッチプレーによるトーナメントで優勝者を決める。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ISPS HANDA ワールドスーパー6パース




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。