ニュース

欧州男子ユーラシアカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ユーラシアカップ
期間:01/15〜01/17 グレンマリーGC(マレーシア)

欧州チームが大勝!片山晋呉は3連敗でアジアを勝利に導けず

2016/01/17 17:09

◇欧州アジア対抗戦◇ユーラシアカップ 最終日◇グレンマリーGC(マレーシア)◇7004yd(パー72)

ユーラシア大陸の盟主の座をかけた対抗戦は、欧州チームが終始アジアチームを圧倒し、初優勝を飾った。最終日は両チーム全12選手ずつが参加するシングルス・マッチプレー12試合が行われ、欧州が9勝1分2敗で9.5ポイントを獲得。3日間の合計ポイント18.5-5.5で快勝した。

ダブルス戦で争われた前日2日目を終えて、6ポイントのリードを奪っていた欧州のダレン・クラーク主将(北アイルランド)はこの日、第1組にイアン・ポールター(イングランド)を指名。世界屈指のマッチプレー巧者がダニー・チア(マレーシア)を4&3で退けて先勝すると、第7組ではリー・ウェストウッド(イングランド)がニコラス・ファン(マレーシア)に7&6で大勝した。

欧州は2014年の前回(第1回)大会で、4ポイント差をつけて臨んだ最終日に、アジアにドローに持ち込まれたが、同じ轍は踏まなかった。

アジア選抜のこの日の白星は米ツアーでもプレーするアニルバン・ラヒリ(インド)と昨年の日本ツアー賞金王キム・キョンテ(韓国)が、それぞれシェーン・ローリー(アイルランド)、ベルント・ウィスベルガー(オーストリア)を下して挙げたもの。

日本からただひとり出場の片山晋呉クリストファー・ブロバーグ(スウェーデン)に、ハーフターン時点で4DOWNの劣勢を強いられたまま、5&4で敗れた。

片山は「向こうはやはりレベルが高い。自分もいいプレーはしていたんだけど。自分にとっては、今はもう“いい経験”というのはあまり必要ない。それでも1週間楽しく出来た」と大会を振り返った。

関連リンク

2016年 ユーラシアカップ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~