ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

A.スコットが首位タイ!日本勢は石川遼が唯一アンダーパー

◇全米プロゴルフ選手権 初日◇オークヒルCC(ニューヨーク州)◇7,163ヤード(パー70)

前日に降った雨の影響でグリーンが柔らかくなったこともあり、多くの選手がスコアを伸ばした初日。途中で雷雲接近による中断もあった中、ジム・フューリックアダム・スコット(オーストラリア)が「65」の5アンダーで首位に並んだ。1打差の3位にデビット・ハーン(カナダ)とリー・ウェストウッド(イングランド)の2人。3アンダーの5位グループにマット・クーチャージェイソン・デイ(オーストラリア)ら6人がつけた。

<< 下に続く >>

4人が出場している日本勢は、石川遼が3バーディ、2ボギーの「69」で1アンダーの22位発進。藤田寛之は15番の池ポチャが響いて1オーバーの50位。今大会で来季米ツアーのシード権を確定させたい松山英樹は、終盤に落ち着きを取り戻し2オーバーの74位につけた。

また、今年の「全米シニアプロ選手権」優勝でレギュラーツアーのメジャーに初出場している井戸木鴻樹は、序盤で4連続バーディを奪い、現地でのテレビ中継を“ジャック”。ロングパットを次々に決め、観客を沸かせたが、結局4バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「72」で松山らと並ぶ74位で初日を終えた。

A.スコット 年間メジャー2冠へ好発進>

メジャー最終戦は、その年のメジャーチャンプ3人が予選ラウンドを同組でプレーするのが恒例。その注目のペアリングで、ジャスティン・ローズ(イングランド)、フィル・ミケルソンをおさえて好発進を決めたのはマスターズ王者。スコットは悪天候による中断を挟んだ午後、4番から5連続バーディを奪い、午前中のプレーで単独首位だったフューリックを捕えた。

「たくさんハイライトシーンがあった」としたこの日。最終18番ではティショットを右ラフに入れてしまうが、最後は手前から4メートルのパットを沈めてパーセーブ。ピンチをクールに切り抜け「今までで最も素晴らしいラウンドに入る」と自画自賛の18ホールだった。

悲願のメジャータイトルを手に入れ、一気に覚醒した雰囲気も醸し出す。「メジャーで何かを成し遂げようとするためには、自分の思うようにいかない時もあるけれど、それを恐れていてはいけない」。メジャーでアンダーパーが続出した初日を嘆く周囲の声もあるが「世界のトップ選手が集結しているのだから、そういうこともある。グリーンがもっと速くなれば、残り3日はタフなテストになるはずだ」と凛として答えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!
ラムキングリップ人気のクロスラインから新グリップ登場!最新のグリップ性能を聞いてみました



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!