ニュース

欧州男子トロフィーランコムの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 トロフィーランコム
期間:09/11〜09/14 場所:サンノラプレッシェGC(フランス)

R.グーセンがノーボギーで独走態勢に入った!!

フランスのサンノラプレッシェGCで開催されている、2003年欧州ツアー第33戦『トロフィーランコム』の2日目。初日に8アンダーを叩き出し単独首位に立った南アフリカのレティーフ・グーセンが、この日も6アンダーでラウンドし通算14アンダーで首位をキープした。

スタートの1番から4番ホールまでは静かなゴルフだったが、5番パー4で2打目を直接カップインさせるイーグルを奪った。このイーグルが起爆剤になり、続く6番から3連続バーディを奪い独走態勢に入った。後半は16番パー5でのバーディ1つに終わったが、この日はボギーを叩かない堅実なゴルフを見せてくれた。

<< 下に続く >>

グーセンと4打差の2位には、初日4位につけていたベルギーのニコラス・コルサーツとスペインのカルロス・ローダイルズの2人。コルサーツは1982年生まれの20歳で、ツアーには18歳の時から参戦している。6番パー5では2日連続のイーグルを奪い、さらに16番でもイーグル。2日間66ストロークを続けている。

今週の話題は、全英オープンに優勝した米国のベン・カーティスだ。初日は2アンダー35位とまずまずの位置につけていたのだが、この日はボギーが1つ上回り1アンダーに後退してしまった。今週の予選カットは1アンダーまでだったので、ぎりぎりで予選通過を果たすことができた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 トロフィーランコム




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!