ニュース

欧州男子ボルボワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

4強が出揃う!R.カブレラベローが地元優勝に大きく前進

◇欧州男子◇ボルボワールドマッチプレー選手権3日目◇フィンカコルテシンGC(スペイン)◇7290ヤード(パー72)

3日目の19日(土)は決勝ラウンドが開始され、1回戦8試合と準々決勝の4試合が行われ、ベスト4が出揃った。

準決勝進出を決めたのはグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ポール・ローリー(スコットランド)、ニコラス・コルサート(ベルギー)、ラファエル・カブレラベロー(スペイン)の4選手。

マクドウェルはセルヒオ・ガルシア(スペイン)と準々決勝第1試合で対戦。序盤から両者ともに譲らぬ攻防を繰り広げ、17番マクドウェルが1アップと抜け出すが、18番でボギーを叩いてオールスクエアとし、勝負は19ホール目に突入した。しかし、マクドウェルがこのエキストラホールを制してガルシアを制している。

マッチプレー巧者のイアン・ポールター(イングランド)を3回戦で破ったアルバロ・キロスは、第4試合に登場し、準々決勝では地元スペインのカブレラベローと激突。キロスは前半に3アップとするも、カブレラベローが後半に猛攻を見せ、12番でオールスクエアに戻す。さらに15番から一気に3連続でアップを奪い、3&1でカブレラベローが勝利。地元優勝へ大きく前進している。

そのほか、コルサートはブラント・スネデカー(米国)と対戦。序盤に3連続アップで波に乗ると、スネデカーに隙を与えぬプレーで4&3で勝利。またローリーとレティーフ・グーセン(米国)の対戦は、6&5とローリーが圧勝で準決勝進出を決めている。

最終日の20日(日)は準決勝と決勝が行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ボルボワールドマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。